つゆ籠り 無料 ネタバレ 1話

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック【つゆ籠り 濡れ透け巫女強制孕ませ】LP1※スマホ専用

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

つゆ籠り ~濡れ透け巫女強制孕ませ~1話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

つゆ籠り ~濡れ透け巫女強制孕ませ~

 

 

 

つゆ籠り ~濡れ透け巫女強制孕ませ~1話を読んだネタバレ

 

ハンディコミック【つゆ籠り 濡れ透け巫女強制孕ませ】LP1※スマホ専用

 

ある雨の中、一人の中年男がうな垂れていました……

 

 

 

彼は無職の中年ニート。

 

 

 

日がな一日家にこもり、ネットやオナニーなどを繰り返し、毎日を過ごしていました。

 

 

 

空腹に耐えかねて近くのスーパーへと出かけ、飯を買いに行く途中に神社を見かけます。

 

 

 

せっかくだからと就職の合格祈願をしようと境内へと入ります。

 

 

 

でもその神社は子宝祈願の神様を祭った神社でした。

 

 

 

仕事も無くお金も無く女もいない自分に子宝なんてと、ひどく落ち込む彼。

 

 

 

しかも急に雨が降り出し、すっかりと神にまで見放された気分になってしまいます。

 

 

 

ついていないと、つくづく自分の人生に希望がもてない彼。

 

 

 

雨が早くやまないかと、気持ちが苛立ち、鬱積したものが沸々と煮えたぎっていました。

 

 

 

そんな中で、草の根の中から枝を折るような音が響いてきます。

 

 

 

子宝祈願に来たリア充が来たのかと、気持ちを滅入らせていた彼。

 

 

 

でもそこに来たのは、この神社に使える若い巫女の美少女でした……

 

 

 

雨に濡れた巫女衣装を揺らし、時雨の中を穏やかに歩く巫女。

 

 

 

そんな幻想的な光景に、彼は心奪われてしまいます。

 

 

 

彼を子宝祈願に来た参拝客と勘違いした巫女は、気さくに話しかけてきました。

 

 

 

さすがにニートとは言えず、子宝祈願に来た参拝客を装う彼。

 

 

 

視線は濡れて透けた巫女服の彼女に釘付けでした。

 

 

 

沸々沸き起こる欲情を抑えることのできない彼。濡れた巫女を犯したい衝動に駆られます。

 

 

 

そんな下卑た欲望に隙を見せてしまう彼女は、純潔を散らされてしまうのでしょうか?

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック【つゆ籠り 濡れ透け巫女強制孕ませ】LP1※スマホ専用

 

 

 

『つゆ籠り ~濡れ透け巫女強制孕ませ~』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック【つゆ籠り 濡れ透け巫女強制孕ませ】LP1※スマホ専用

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

つゆ籠り 無料 ネタバレ 2話

2017.10.14