あえぎ声は嘘つけない…! 無料 ネタバレ 5話

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!5話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!の無料立ち読みはこちら!

「あえぎ声」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

あえぎ声は嘘つけない…! 無料 ネタバレ 4話

2017.10.13

 

 

あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!5話を読んだネタバレ

 

 

 

あえぎ声は嘘つけない…!〜業務命令、上司といちゃラブえっち!の第五話です。

 

 

 

颯太とまたああいうことをすると考え赤面する愛梨です。

 

 

 

そこへ「何ボーッとしてるんだ。次のロケ地に移動だぞ」と言う颯太。

 

 

 

「バスで温泉宿に向かうそうだ」と言います。

 

 

 

温泉宿に着き「キレイ。秘境の温泉宿って感じ」と言う愛梨。

 

 

 

そこでのシーンは主人公二人が人目のつかない温泉地でつかの間の甘い時間をすごすと言うシーンでした。

 

 

 

「なんかそういうのって素敵ですね」と言う愛梨です(о´∀`о)

 

 

 

そんな愛梨を見て「そういうもんなのか」と言う颯太でした。

 

 

 

夜になり愛梨が温泉に入るとすでに入っている人がいました。

 

 

 

愛梨は「すいません。ご一緒していいですか?」と言います(*_*)

 

 

 

そこには颯太の姿がありました。

 

 

 

「ここって女湯のはずじゃ…」と言う愛梨に「聞いてなかったのか?撮影で貸し切り期間は混浴だぞ」と言う颯太です。

 

 

 

そして二人は入ることになりました。

 

 

 

離れて座る愛梨に「おい、何もそんなに離れる必要ないだろ」と言う颯太。

 

 

 

「笠原さんはこういう露天風呂入ったことありますか?」と聞く愛梨に「卒業旅行でな」と答える颯太。

 

 

 

愛梨は「その話もっと聞きたいです」と言います(^^)

 

 

 

するとそこへ監督や主人公の二人が入ってきました。

 

 

 

「急遽取り直しも入ったみたいだな」と言って愛梨の手を掴み石の影に隠れる愛梨と颯太です。

 

 

 

ここまでが第五話の内容でした。

 

 

 

石の影に密着して隠れる二人がどうなるのか楽しみです( 〃▽〃)

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!の無料立ち読みはこちら!

「あえぎ声」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

『あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし、

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!の無料立ち読みはこちら!

「あえぎ声」で検索するとすぐに出てきます!!