あえぎ声は嘘つけない…! 無料 ネタバレ 4話

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!4話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!の無料立ち読みはこちら!

「あえぎ声」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

あえぎ声は嘘つけない…! 無料 ネタバレ 3話

2017.10.13

 

 

あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!4話を読んだネタバレ

 

 

 

あえぎ声は嘘つけない…!〜業務命令、上司といちゃラブえっち!の第四話です。

 

 

 

「高瀬…俺は…」と颯太が言うと部屋がノックされました。

 

 

 

颯太が「はい」と出ると「休憩中申し訳ありません。監督が二人にお会いしたいとのことで」と言われます。

 

 

 

「さっきは助かったよ」と監督に言われる二人です。

 

 

 

そして颯太は「特に君、適応能力がある本当に素人かね?」と言われます。

 

 

 

そこへ主演の咲都がやってきて「僕の見立てもなかなかのものでしょう」と言います。

 

 

 

「僕の見立て?」と言う愛梨に「エキストラに君たちを押したのはこの宮永だよ」と言う監督です。

 

 

 

咲都に「急にごめんね。ありがとう」と言われた愛梨は赤面しています。

 

 

 

そして咲都は颯太に「これを機に役者目指してみるきない?…なんてね」と言います(*´∀`)

 

 

 

「間に合ってるんで」と答える颯太でした。

 

 

 

そして颯太は「俺たちはそろそろ行くぞ」と愛梨に言います。

 

 

 

すると監督が「ちょっと待った」と呼び止めます。

 

 

 

「君たちこの先もエキストラで出てくれる気はないかね?」という監督です。

 

 

 

「ですが、俺たちは元々広報のもので…」と言う颯太(;-;)

 

 

 

すると監督は「引き受けてくれたらこの先好きなだけ取材してくれて構わんよ」と言います。

 

 

 

そして二人は承諾するのでした。

 

 

 

咲都に誉められ浮かれる愛梨に「あくまで本来の仕事は取材だ。それを忘れるなよ」という颯太((((;゜Д゜)))

 

 

 

我にかえった愛梨はエキストラを続けるということは颯太とまたああいうことをするって事…と考える愛梨でした。

 

 

 

ここまでが第四話の内容でした。

 

 

 

颯太と愛梨、これから先どんな演技がまっているのか気になります。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!の無料立ち読みはこちら!

「あえぎ声」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

『あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし、

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
あえぎ声は嘘つけない…!~業務命令、上司といちゃラブえっち!の無料立ち読みはこちら!

「あえぎ声」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

あえぎ声は嘘つけない…! 無料 ネタバレ 5話

2017.10.13