ボクの初めてはビッチギャル 無料 ネタバレ 2話【すぐイっちゃったら許さないぞ】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック[ボクの初めてはビッチギャル]※スマートフォン専用

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

ボクの初めてはビッチギャル2話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

ボクの初めてはビッチギャル

 

 

 

ボクの初めてはビッチギャル2話を読んだネタバレ

 

ハンディコミック[ボクの初めてはビッチギャル]※スマートフォン専用

 

ヤマダ君の部屋には3人の美少女ギャルたちが泊まりに来ています。

 

 

 

仰向けになったヤマダ君の顔の上に座ったソフィアは楽しそうにアソコをグリグリ押し付けてきます。

 

 

 

股の間には可憐(かれん)がいて、取り出したヤマダ君のおち〇ちんを一所懸命しゃぶるのに夢中!

 

 

 

『桐島(きりしま)さんの生ま〇こ・・・すごく甘い香りがする・・・』。ソフィアのアソコからはエッチなニオイがムンムン!

 

 

 

思い切りニオイを嗅ぐヤマダ君の鼻息がアソコに当たって、ソフィアもだんだん感じちゃいます!

 

 

 

「甘ったるい香り・・・。気を失いそうなくらい心地いい・・・桐島さんの生ま〇こっ・・・」。

 

 

 

ソフィアのアソコを舐めたり吸ったりしながら、ヤマダ君もますます興奮!おち〇ちんも可憐に舐められ続けて、もう限界です。

 

 

 

「いっ、いくっ・・・でるぅっ!」。ヤマダくんは可憐の口内にたっぷり射精しちゃいます!

 

 

 

ソフィアは騎乗位の体勢になって挿入する気満々!ヤマダ君のアソコも、射精したばかりなのに勃ってて準備万端です(;^ω^)

 

 

 

ソフィアのナカにズブズブ飲み込まれていく、ヤマダ君のガチガチになったモノ。

 

 

 

なのに、ソフィアのナカは気持ち良過ぎて入れた瞬間、即射精!ソフィアも呆れ顔です・・・ゴムも最後の1つだったのに(;・∀・)

 

 

 

「あ〜もう・・・いいや。ナマでヤっちゃえー」。今度はソフィアに生挿入!直接感じる快感にヤマダ君、耐えられなさそうです。

 

 

 

ソフィアの腰づかいに、すぐに限界が近づきます!「やっヤバイっ・・・もう出そう!」。

 

 

 

ソフィアも息を荒げて興奮しまくりです。「奥に思いっきり出せよっ!」。ヤマダ君も激しくナカを突きあげます。

 

 

 

「いっ・・・イくぅっ!!」。そのままソフィアに、勢いよくナカ出し!

 

 

 

全て出し尽くして終わったと思ったら、「次は私だよ、ヤマダ君、よろしくね・・・」。

 

 

 

対面座位でヤマダ君に乗っかってきたのは、ゆずりか!「ソフィアとヤマダ君のエッチ見てたら私もしたくなっちゃった」。

 

 

 

ノリノリのゆずりかに押されつつ、ヤマダ君のモノも、すでに完全復活しちゃってます(;^ω^)

 

 

 

ソフィアのも気持ちよかったけど、締め付けの強さだけで言えばゆずりかの方が上!油断するとすぐ出ちゃいそうになるヤマダ君。

 

 

 

「すぐイっちゃったら許さないぞ」。キスしてくるゆずりかは最高に可愛いくて、耐えられるかわからないヤマダ君でした・・・。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック[ボクの初めてはビッチギャル]※スマートフォン専用

 

 

 

『ボクの初めてはビッチギャル』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック[ボクの初めてはビッチギャル]※スマートフォン専用

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

ボクの初めてはビッチギャル 無料 ネタバレ 3話【やっぱゴム無いのが、一番気持ちいいよねぇ】

2017.09.13