デスクの下で、愛をさけぶ ネタバレ 2話【机の下から愛撫するだけ】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

【DMMコミック】電子:デスクの下で、愛をさけぶ SP/PC-SEO

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

デスクの下で、愛をさけぶ~曖昧でイビツなふたり~2話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

デスクの下で、愛をさけぶ~曖昧でイビツなふたり~

 

 

 

デスクの下で、愛をさけぶ~曖昧でイビツなふたり~2話を読んだネタバレ

 

【DMMコミック】電子:デスクの下で、愛をさけぶ SP/PC-SEO

 

(どんな声出すんだろう……どういう喋り方するんだろう……)

 

 

 

妄想の中の四ノ宮は大胆で色っぽく、誠の愛撫にも悦んで応えます。

 

 

 

『もっと……気持ちよくなりましょ……』

 

 

 

何のためらいもなく誠のチ●ポを咥え、舌で丹念に先端を舐める四ノ宮。

 

 

 

射精を促す刺激に我慢が限界に達しかけた手前でチ●ポから顔を離し、四ノ宮は自分の股間を開きます。

 

 

 

『駄目、出すなら……ここに……』

 

 

 

ぐっしょりと濡れたソコに激しく突き立てて、本能のままに腰を動かす誠でしたが、ふと我に返ってしまいました。

 

 

 

(そういえば、四ノ宮さんは俺の名前を一度も呼んだことはない……)

 

 

 

(俺、勝手に浮かれて……だけど、彼女が抵抗してくれないから……)

 

 

 

机の下での愛撫は足から手、手から身体へと、日が変わる毎にエスカレートしていきます。

 

 

 

そして“机の下から愛撫するだけ”というルールはついに破られてしまいました。

 

 

 

愛撫をしながらオナニーをしてしまった誠から射精された精子が四ノ宮の足にかかります。

 

 

 

驚く四ノ宮と、自分のやってしまったことが信じられない様子の誠。

 

 

 

あくる日、誠は上司に席替えの希望を出しました。

 

 

 

受け入れられたそのすぐ側をすれ違っていった四ノ宮は、誠と目を合わせようともしませんでした。

 

 

 

席は変わったものの、仕事にならず結局1人残業をする誠。

 

 

 

(考えないようにしてても、身体はいつも思い出してしまう)

 

 

 

仕事をしながら勃起してしまったその時、物音が響きます。

 

 

 

恐る恐る机の下を覗き込むと、見覚えのある脚が目に入ります。

 

 

 

(こ、これはまさか四ノ宮さん……!?そして……ノーパン!?)

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

【DMMコミック】電子:デスクの下で、愛をさけぶ SP/PC-SEO

 

 

 

『デスクの下で、愛をさけぶ~曖昧でイビツなふたり~』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

【DMMコミック】電子:デスクの下で、愛をさけぶ SP/PC-SEO

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

デスクの下で、愛をさけぶ ネタバレ 3話【むき出しにされている四ノ宮の股間へ】

2017.09.11