501号室はHなヒーローが住んでいる ネタバレ 2話【髪を撫でられてドキッ】

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

501号室はHなヒーローが住んでいる2話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

501号室はHなヒーローが住んでいる

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

>>501号室はHなヒーローが住んでいるの無料試し読みはこちら<<

「号室は」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

501号室はHなヒーローが住んでいる2話を読んだネタバレ

 

 

 

「こんな日に死ぬ気かよ」

 

 

 

そう言っていつも付けたままだったマスクとメガネを外して見せたその顔は、若手俳優の進藤伊吹そっくり。

 

 

 

間近で見る顔は、雑誌で見るよりもずっとイケメンですが、さすがに本物ではないだろうと考える茉奈。

 

 

 

そんなことを考えるうちに、彼はあっという間に電球を取り替えてしまいました。

 

 

 

「さて、次はこっち」

 

 

 

ひょいっと抱え上げられてしまった茉奈は「自分で歩けます!」と慌てて言いますが、彼は「いーから大人しくしとけ」と爽やかに言うだけ。

 

 

 

501号室のお風呂に連れられて行った茉奈でしたが、自分よりも気になるのは進藤伊吹そっくりの501号室さん。

 

 

 

「早く暖かくしないと、また体調──」「また人の心配してる」

 

 

 

言いかけた言葉を遮る彼。

 

 

 

「あんたはいつもいつも人の世話ばかり焼いて、自分のことは後回し」

 

 

 

そう言いながら、シャワーを出すと茉奈に向かってお湯を浴びせます。

 

 

 

驚いて目を閉じた茉奈。

 

 

 

目を開けると、目の前に迫っている彼の顔。

 

 

 

「ドジなのに一生懸命な姿を毎日見続けたら、気になっちゃうじゃん。今日は俺が管理人さんの世話してあげるよ」

 

 

 

髪を撫でられてドキッとする茉奈。

 

 

 

(やっぱり、顔も声も進藤伊吹そっくりだよ〜!もしかしてほんとに本物!?)

 

 

 

戸惑う茉奈は、抵抗もできないままに服を脱がされてしまいました。

 

 

 

「あれ、ココもう固くなってる」

 

 

 

指先できゅっと胸をつままれて、恥ずかしくてたまらない茉奈に「感じた?」と意地悪な笑顔で言う彼。

 

 

 

(この声で……そんなこと言われちゃうと……もうゾクゾクして……)

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

>>501号室はHなヒーローが住んでいるの無料試し読みはこちら<<

「号室は」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

『501号室はHなヒーローが住んでいる』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし、

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

>>501号室はHなヒーローが住んでいるの無料試し読みはこちら<<

「号室は」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

501号室はHなヒーローが住んでいる ネタバレ 3話【これから俺が世話係してあげる】

2017.09.11