タオル一枚で男風呂。 無料 ネタバレ 3話【いや…見ないで…やめて…】

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~3話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~の無料立ち読みはこちら!

「男風呂」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

タオル一枚で男風呂。 無料 ネタバレ 2話【乳首たっとるぞ】

2017.09.01

 

 

タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~3話を読んだネタバレ

 

 

 

タオル一枚で男風呂。〜知らないおじさん達と本イキセックス〜の第三話がはじまりました。

 

 

 

「たまんねぇ」と言いながらえり子の胸を揉む男達。

 

 

 

えり子は男達に胸を揉まれたり舐められたり摘ままれたりして感じまくっています(°▽°)

 

 

 

「や…だめ…」と拒むえり子ですが男達はやめる気配がありません。

 

 

 

そして一人の男が柴田が持っていたビデオカメラを取り上げます。

 

 

 

その頃、えり子は男達に股を開かされていました。

 

 

 

「いや…見ないで…やめて…」と言うえり子((((;゜Д゜)))

 

 

 

男達はそんなえり子のアソコを舐め始めます。

 

 

 

「舐めちゃだめぇ…」と言うえり子です。

 

 

 

男達は「俺にもやらせろよ」など言っています( 〃▽〃)

 

 

 

えり子はビクンビクンなりながら感じています。

 

 

 

えり子は頭の中では嫌なのに体が求めてしまっていました。

 

 

 

その頃、柴田は目を覚まし他の男達に「AVじゃない」と説明していました。

 

 

 

そして男達は走ってえり子とエッチしている男達の所へ行きました。

 

 

 

夜になりえり子は着替えをしています。

 

 

 

外から柴田が「おーい、えり子大丈夫か?」と聞きます。

 

 

 

着替え終わったえり子は柴田に「さっさと帰るわよ」と言います(T_T)

 

 

 

すると空に流れ星が流れました。

 

 

 

それを見て「まともな仕事がきますように」とお願いするえり子でした。

 

 

 

ここまでが第三話の内容でした。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~の無料立ち読みはこちら!

「男風呂」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

『タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし、

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~の無料立ち読みはこちら!

「男風呂」で検索するとすぐに出てきます!!