タオル一枚で男風呂。 無料 ネタバレ 1話【こんなAVみたいなの無理です】

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~1話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~の無料立ち読みはこちら!

「男風呂」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~1話を読んだネタバレ

 

 

 

タオル一枚で男風呂。〜知らないおじさん達と本イキセックス〜の第一話がはじまりました。

 

 

 

冒頭えり子は浴衣姿でカメラの前にたっています。

 

 

 

カメラマンに「あの、用意された水着間違ってません?」と聞くえり子。

 

 

 

えり子は浴衣の下に水着を着用していたのです。

 

 

 

そしてその水着が、すごく小さく胸も少ししか隠れないような物でした((((;゜Д゜)))

 

 

 

カメラマンは「いーの。いーの。それでOK。」と答えます。

 

 

 

えり子は売れっ子というわけじゃなかったのでこんな仕事ばかりでした。

 

 

 

色々なポーズを撮った後、カメラマンが「そろそろアレいっちゃおうかな」と言います。

 

 

 

するとアシスタントが「失礼しまーす」と言ってえり子の谷間にローションをかけ始めました(;_;)

 

 

 

「こんなAVみたいなの無理です」と言うえり子。

 

 

 

数日後えり子はマネージャーの柴田と山奥の温泉へ撮影に向かっています。

 

 

 

小屋のような温泉に着き着替えに行くえり子です。

 

 

 

するとえり子が「タオルしか入ってないんだけど…こんな小さなタオル一枚でやれっていうんじゃないでしょうね」と言います。

 

 

 

すると柴田は土下座をし「すまん。社長命令なんだ。」と言います。

 

 

 

えり子は「バカじゃないの。こんな小さいのでどうやって隠せっていうのよ」と言います(T_T)

 

 

 

柴田は必死でお願いします。

 

 

 

そしてしぶしぶ引き受けるえり子でした。

 

 

 

温泉に入りカメラを回す柴田です。

 

 

 

ここまでが第一話の内容でした。

 

 

 

えり子の胸の大きさ興奮しちゃいます。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~の無料立ち読みはこちら!

「男風呂」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

『タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし、

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
タオル一枚で男風呂。~知らないおじさん達と本イキセックス~の無料立ち読みはこちら!

「男風呂」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

タオル一枚で男風呂。 無料 ネタバレ 2話【乳首たっとるぞ】

2017.09.01