憎たらしい天使たち~障害児専門にじいろ学童~ ネタバレ 1話【超怖い世界で、ママだけが頼りだったんだよな】

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

憎たらしい天使たち~障害児専門にじいろ学童~1話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

憎たらしい天使たち~障害児専門にじいろ学童~

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
憎たらしい天使たち~障害児専門にじいろ学童~の無料立ち読みはこちら!

「にじいろ」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

憎たらしい天使たち~障害児専門にじいろ学童~1話を読んだネタバレ

 

 

 

(まただ……またこの時がやってくる……)

 

 

 

虹野は娘の七実を抱きかかえながら、嫌な予感がしていました。

 

 

 

混んでいるスーパーの中。案の定、七実は癇癪(かんしゃく)を起こして泣き叫び始めます。

 

 

 

床に転がって大声で喚き、腕を痛いほどに掴む娘。

 

 

 

周囲からの視線は冷たく、遠目から自分たちを見てひそひそと囁く声が聞こえます。

 

 

 

「あれって、ジヘイ症って言うんでしょ?」

 

 

 

一向に落ち着く様子のない娘を引きずるようにして店を出る虹野は、外で待っていた夫へ助けを求めます。

 

 

 

「七実のことはお前に任せてあるだろ!」

 

 

 

当てにならない夫。引っ掻いて噛み付いて、手の負えない状態になっている娘に思わず七実は呟きます。

 

 

 

「あんたさえ……いなければ……」

 

 

 

そんな母娘へ、一人のボーイッシュな女性が近付いてきました。

 

 

 

「そーだよなー。怖かったよなー。超怖い世界で、ママだけが頼りだったんだよな」

 

 

 

そして、地面に転がって泣いていた七実へ「忘れ物だぞ」と、紐を見せます。

 

 

 

一瞬で泣き止み奪い取るように紐へ飛びかかる七実を慣れた様子でひょいっと抱えると、その女性は七実を母の虹野に抱かせました。

 

 

 

「あの、もしかしてあなたも、身内にこういう子が……」

 

 

 

問いかける虹野へ「いないから、“ここ”に会いに行ってる!」と、パンフレットを手渡して去っていく女性。

 

 

 

渡されたのは『間宮ソラ』と書かれた名刺と『にじいろ学童』と書かれたパンフレットでした。

 

 

 

後日、書かれていた住所を頼りに『にじいろ学童』を訪れた虹野。そこは意外なほど普通で、小じんまりとした綺麗な施設でした。

 

 

 

外から中を見ていたその時、ガラス窓へベタっと少年が張り付いてきます。驚く虹野の元へ笑いながら近付いてきたのは、ラフスタイルな金髪の人物。一見すると女性のようですが、声の低さは男性のそれ。

 

 

 

「アタシ、施設長のニコ。よろしくね」

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
憎たらしい天使たち~障害児専門にじいろ学童~の無料立ち読みはこちら!

「にじいろ」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

『憎たらしい天使たち~障害児専門にじいろ学童~』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし、

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
憎たらしい天使たち~障害児専門にじいろ学童~の無料立ち読みはこちら!

「にじいろ」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

憎たらしい天使たち~障害児専門にじいろ学童~ ネタバレ 2話【愛しているかもわからない……】

2017.08.23