悪魔の処方箋 ネタバレ 無料 4話 【強力接着剤を媚薬の中に入れてやる】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

悪魔の処方箋~家政婦 市川春子の報告~

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

悪魔の処方箋~家政婦 市川春子の報告~4話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

悪魔の処方箋~家政婦 市川春子の報告~

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

悪魔の処方箋 ネタバレ 無料 3話 【栄養剤の点滴で流産するわけないじゃないか】

2017.08.16

 

 

悪魔の処方箋~家政婦 市川春子の報告~4話を読んだネタバレ

 

悪魔の処方箋~家政婦 市川春子の報告~

 

悪魔の処方箋〜家政婦市川春子の報告〜の第四話が始まりました。

 

 

 

奥さんは「上手くいったのね。」と達也に言います。

 

 

 

達也は「栄養剤だと言ってお産に使う時に使う子宮収縮剤を点滴したらトイレで流産した」と言います。

 

 

 

「もちろんちゃんとトイレに流しておいたよ」と言う達也。

 

 

 

その話をを春子は聞いていました((((;゜Д゜)))

 

 

 

春子は「これはれっきとした犯罪よ。人殺しよ」と呟いています。

 

 

 

そして奥さんは「ついでにあの家政婦流産した現場を見てるからクビにしましょう」と言います。

 

 

 

すると達也も「なんなら体調崩す薬でも飲ませて」と言います。

 

 

 

それを聞いていた春子は怒り心頭です(#`皿´)

 

 

 

春子は懲らしめてやると呟いています。

 

 

 

そして「強力接着剤を媚薬の中に入れてやる」と意気込みます(°▽°)

 

 

 

その夜、奥さんと達也は媚薬を使いエッチを始めようとします。

 

 

 

媚薬をつけ腰を動かす達也ですが、段々と動きが鈍くなってきます。

 

 

 

そして奥さんのアソコから抜けなくなります。

 

 

 

その様子を見て春子は「効いてきたわ」とニコニコです。

 

 

 

動こうとする奥さんに「動くな。皮膚が剥がれる」と言う達也。

 

 

 

そして春子は捨ててあった点滴を証拠として届ける為に拾って家を出ます。

 

 

 

そのあと春子は達也が逮捕されたことをニュースで知りました(°▽°)

 

 

 

ここまでが第四話の内容でした。

 

 

 

本当にスカッとする内容でスッキリしました(^^)

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

悪魔の処方箋~家政婦 市川春子の報告~

 

 

 

『悪魔の処方箋~家政婦 市川春子の報告~』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

悪魔の処方箋~家政婦 市川春子の報告~