狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~ 無料 ネタバレzip

 

狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~はコミックシーモアで無料試し読みできます。
まずは無料で読んでみてください。

 

無料試し読みはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!!


[コミックシーモア]【2月】【TL】狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~【1巻無料】3/13まで

 

コミックシーモアで狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~を安全に読む方法

 

 

ステップ1

 

コミックシーモアのサイトでほしい漫画を選んだら「購入する」をクリックします。

 

狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~

 

メールアドレスか、他のサービスを使ってアカウントを作ります。
メールアドレスを登録すると確認メールが届くので、メールボックスを見てみて下さい。

 

 

 

 

ステップ2

 

狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~

 

ご希望のプランをお選び下さい。
最初は手軽でボーナスももらえる月額540円のプランがおすすめです。
足りなくなったらポイントを追加できますのでまずは安いプランから始めるといいですね。

 

 

 

あとは画面の指示通りに進めばすぐに読むことができますよ。

 

 

 

コミックシーモアの解約方法

 

 

狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~はコミックシーモアで読むことができますが
解約方法も知っておいたほうがいいと思うので画像付きで解説していきますね。

 

 

 

解約方法を知っていればいつでも解約することができるので安心ですよね。
コミックシーモアの解約はとても簡単に行えます。

 

 

 

それでは解約方法を解説していきます。

 

 

 

 

解約方法ステップ1

 

狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~

 

メニューの中にある「ヘルプ」をクリックしてください。

 

狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~

 

進んだページに「サイト退会したい」という項目があるのでクリックします。

 

 

 

 

解約方法ステップ2

 

狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~

 

「月額メニューの解約」のボタンがあるのでそちらをタップしてください。

 

あとはナビゲーション通りに操作すれば解約が完了となります。

 

 

翌月から請求されませんので安心してくださいね。
ちなみに残っているポイントはもう使用できませんが、
今までに買った漫画はアカウントを削除しなければずっと読むことができます。

 

 

コミックシーモアは良心的な漫画サイトなのでお勧めです!

 

 

 

 

コミックシーモアで人気の漫画「狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~」を読みました!

 

 

 

すごく面白い漫画で、1話10円はお得過ぎると思いました!!

 

 

 

漫画名 狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~
作者 早乙女もこ乃
配信 コミックシーモア
価格 1話10円
あらすじ

囚われの騎士が女の体に!? 4王子に代わる代わる貫かれて……!!

 

 

魔物を討伐して帰国した騎士エルセイドは、その褒美として王家の一員になるべく姫との結婚を申し出た。第1王子ヴィートリッヒはエルセイドを歓迎し、姫を呼び寄せ豪華な祝宴の場を設けた。

 

 

姫の盃を受けた後、エルセイドは意識を失う。そして、目覚めた彼の体は、第2王子ジェランティーレによって女のそれになっていた!

 

 

ヴィートリッヒは高らかにエルセイドに言い放った。

 

 

「われら4王子の子を産む胎(はら)として、おまえを王室に迎え入れよう……」

 

 

狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~はコミックシーモアで無料試し読みできます。
まずは無料で読んでみてください。

 

無料試し読みはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!!


[コミックシーモア]【2月】【TL】狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~【1巻無料】3/13まで

 

 

『狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~』1話のネタバレ

 

 

絶望の一夜から翌日、第3王子「ブランヴェール」=「ブラン」の着せ替え人形になっている「エルセイド」。

 

 

 

中身は誇り高い騎士のままだけど、体はすっかり女の子。しかも童顔巨乳でメチャクチャカワイイ!(゚∀゚)

 

 

 

エルセイドが気になることはただ一つ。4兄弟の末の妹、「姫」のこと。

 

 

 

姫に嵌められてこんなことになっているのに、彼女を信じるエルセイド。心が広すぎるよー(;_:)

 

 

 

ブランヴェールはそんなエルセイドの様子を見て、妖しい笑顔を浮かべながら何か企んでる様子・・・。

 

 

 

しかも怒るエルセイドを見て興奮!ゾクゾクしちゃってます(・・;)

 

 

 

そこに第2王子「ジェランティーレ」=「ジェラン」登場!眼鏡イケメン!でも発言が変態っぽい・・・。

 

 

 

エルセイドとブランの「種付の見物にきた」って・・・エルセイド、ど、どうなっちゃうの!?

 

 

 

・・・と思ったら、ブランはあっさり部屋を去り。ジェランとエルセイドは二人きり。

 

 

 

何も起こらないはずはなく!自分の作った薬で女の体になったエルセイドを、ベッドの上でじっくり診察し始めます。

 

 

 

薬のせいで声は高くなり、柔らかで豊満になった胸。華奢な手足。傷跡一つない滑らかな肌。

 

 

 

そして昨日、味わわされた激しい絶頂により快感を覚えさせられた体はジェランの愛撫に敏感に反応します・・・。

 

 

 

「昨日より、敏感になっているんじゃないかい?」聴診器で胸の頂きを弄りながら言うジェラン。

 

 

 

「さわるなっ!」エルセイドは必死に快感に耐えようとするけれど・・・アソコからはとめどなく溢れる蜜。

 

 

 

下の突起を擦られながら同時にGスポットを激しく抉られて・・・潮吹きしながらイってしまいます。

 

 

 

エルセイドが涎を垂らしながら何度もイク姿、エロ過ぎ・・・。

 

 

 

「僕が吐精するまでに、君が何度達するか数えていてあげよう」と言いながら激しく抽挿するジェラン。

 

 

 

早く終わらせて欲しいエルセイドは自らジェランにキスをして「早く・・・ナカに・・・」。

 

 

 

興奮したジェランはそのままエルセイドのナカで果て・・・たっぷりとナカ出し。エルセイドの嬌声が響き渡ります。

 

 

 

・・・その夜、部屋で一人物思いに耽るエルセイドの元に、訪問者が現れて・・・まさか、「姫」?

 

 

『狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~』2話のネタバレ

部屋を訪れた「姫」に、エルセイドは喜びます。「ご無事だったのですね!」と・・・。

 

 

 

そもそも女の体になったのは「姫」のせいなのに、エルセイドは全然恨んでいないのです。優しいなぁ(T_T)

 

 

 

女の体になったエルセイドを見て、ショックで泣きながら謝る姫に「あなたにはなんの罪もありません」と慰めます。

 

 

 

どこまでも真っすぐで誠実なエルセイドに、「この体で償わせてくださいませ」と服を脱ぎ、迫る姫。

 

 

 

必死で止めるエルセイド!!・・・って・・・え!?胸が・・・ない!?

 

 

 

・・・実は今まで姫だと思っていたのは、女装したブラン!!騙された(;´Д`)

 

 

 

憧れの姫がブランだったことにショック&マジギレのエルセイドは頑張って抵抗を試みるけど、女の力じゃ敵うはずもなく。

 

 

 

強引にうつ伏せにさせられ、お尻を突き出すような格好のまま後ろから秘部を広げられ・・・ナカに入ってきたのはブランの舌。

 

 

 

剥き出しになったクリトリスも舌先で転がすように舐められると、エルセイドのアソコはどんどん濡れていきます。

 

 

 

絶頂で荒い息のエルセイド・・・。ブランは興奮した表情で嬉しそうに言います。

 

 

 

「僕のモノは兄弟で一番大きいんだよ、貴婦人だってこれを挿れられたらハメ狂って娼婦に堕ちるんだから」

 

 

 

ブランの大きくそそり立つアソコを見てゾッとした表情を浮かべるエルセイド。

 

 

 

グチャグチャになったエルセイドのアソコにブランのモノが一気に挿入されて、力の入らない体。ブランは恍惚の表情。

 

 

 

そのままバックで激しく突かれたエルセイドは全身を震わせながらイってしまいます。

 

 

 

翌日・・・ビックリ!エルセイドの髪の毛が、の、のびてる!( ゚Д゚)ジェランの薬、凄すぎる。

 

 

 

うっとりとした顔で、腰まで伸びた髪の毛に触れるブランにエルセイドはどこか、虚ろな顔。

 

 

 

そして、名前も「エルセイド」から「エルシェイラ」と、変えられてしまいます・・・。

 

 

 

それでも、エルセイドは諦めません。「これは私に与えられた試練だ。甘んじて受け入れようではないか」と、自分を奮い立たせて。

 

 

 

その頃、馬車に乗ってどこかへ向かう一人の男。クールで一匹狼っぽいところがカッコイイ、この人は何者?

 

 

 

御者から「勇者が城に囚われたらしい」と聞いて、突然、城に行こうとするこの男。エルセイドの知り合い・・・?

 

 

 

『狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~』3話のネタバレ

ある朝。優雅な朝食を取りながら長兄の「ヴィートリッヒ」=「ヴィート」にその日の予定を報告する弟たち。

 

 

 

そこには、エルシェイラも!兄弟たちの慰み者なだけかと思ったら、この待遇。ビックリ( ゚Д゚)

 

 

 

しかも礼儀作法や学問を学ばせてもらえるなんて!!でも何よりも魅力的なのは・・・

 

 

 

ヴィートお兄様直々に、国政の仕組みやら歴史やら教えてもらえること。美しいお顔がすぐ側に(´▽`*)ドキドキ

 

 

 

これにはエルシェイラも拍子抜けって感じで、向上心も高いから喜んでる感じ。

 

 

 

ヴィートは冷酷だけど理知的でエルシェイラを王家に受け入れるからには、相応の教養を身に着けさせるって思ったみたい。

 

 

 

だけど、エルシェイラは納得いかないところもあるのです。なぜ、男の自分をわざわざ女にして、兄弟全員で共有するのか。

 

 

 

「これは思いつきの余興だ」「弟たちを楽しませるのも、長兄の務めだ」とエルシェイラに話すヴィート。

 

 

 

随分酷いこと言うけど、生涯、玉座に縛り付けられて生きる身で、余興が必要と言うヴィートには同情するかも・・・。

 

 

 

エルシェイラも、そんなヴィートに複雑な思いを抱きつつ、出会った頃より親密な感じになっていきます。

 

 

 

最初は酷い抱かれかたをしたけれど、今では兄弟の中で一番優しく抱いてくれるヴィート。

 

 

 

エルシェイラの体も素直に愛撫に反応するようになり。キスをされただけで、甘い快感を拾う体。

 

 

 

ヴィートの長い指で、ナカの気持ちいいところ何度も擦られれば簡単に昇りつめてしまいます。

 

 

 

まるで壊れ物を扱うかのように、優しく抱かれ、本当の女になってしまうことに恐怖を感じるエルシェイラ。

 

 

 

そんなエルシェイラが全く理解できないヴィートは「己の妻を愛でて何が悪い」と一言。真っ赤になるエルシェイラ。

 

 

 

意地になってエルシェイラは拒否するけど、二人のやりとりはイチャイチャしてるだけにしか見えない(^_^;)

 

 

 

「私の子を産む者は、おまえだけでいい」だって!どれだけエルシェイラの心を乱すの!ヴィートお兄様!!

 

 

 

ヴィートに激しく愛されて快楽に溺れながらも、エルシェイラはヴィートに聞きます。「なぜ、兄弟で共有する必要があるのか」と。

 

 

 

結局、答えは出ないまま。昏い目で「救ってくれるのだろう?私を。失望させるなよ」と言うヴィートに謎は残ります。

 

 

 

病気の父が眠る部屋を訪れるヴィート。応答がない相手にひたすら話し続けるヴィートの視線の先には骸となった父の姿が・・・。

 

 

狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~はコミックシーモアで無料試し読みできます。
まずは無料で読んでみてください。

 

無料試し読みはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!!


[コミックシーモア]【2月】【TL】狂王子の歪な囚愛~女体化騎士の十月十日~【1巻無料】3/13まで