暗い家 無料 ネタバレzip

 

暗い家はブックライブコミックで無料試し読みできます。
まずは無料で読んでみてください。

 

無料試し読みはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!!


【コミなび純稿】『暗い家』ver1

 

ブックライブコミックで暗い家を安全に読む方法

 

まずは下記のリンクからスマホでブックライブコミックにアクセスしてください。

 

【コミなび純稿】『暗い家』ver1

 

ステップ1

 

暗い家

 

ほしい漫画を選んだら「今すぐ購入」をクリックします。

 

 

ステップ2

 

暗い家

 

携帯電話会社でログインします。
私はソフトバンクで契約しているのでソフトバンクでログインしました。

 

 

ステップ3

 

暗い家

 

プランを選びます。
お勧めはブックライブコミック500です。
まずは安いプランから選ぶことをお勧めします。
ブックライブコミック500なら安い上、ボーナスポイントもついてくるのでお得です。
足りなくなったらポイントを追加できますのでまずは安いプランから始めるといいですね。

 

あとは画面の指示通りに進めばすぐに読むことができますよ。

 

 

ブックライブコミックの解約方法

 

 

暗い家はブックライブコミックで読むことができますが
解約方法も知っておいたほうがいいと思うので画像付きで解説していきますね。

 

 

解約方法を知っていればいつでも解約することができるので安心ですよね。
ブックライブコミックの解約はとても簡単に行えます。

 

 

それでは解約方法を解説していきます。

 

 

解約方法ステップ1

 

暗い家

 

ブックライブコミックにログインしたらMYページに入ってください。

 

暗い家

 

そうすると下のほうに「月額ポイントコース契約状況」という文字が出てきますのでそれをタップします。

 

 

解約方法ステップ2

 

暗い家

 

「解除」のボタンがあるのでそちらをタップしてください。

 

暗い家

 

確認ページで「解除する」をタップします。<br/ > これで退会が完了となります。

 

 

翌月から請求されませんので安心してくださいね。
ちなみに残っているポイントはもう使用できませんが、
今までに買った漫画はずっと読むことができます。

 

 

ブックライブコミックは良心的な漫画サイトなのでお勧めです!

 

 

 

 

ブックライブコミックで人気の漫画「暗い家」を読みました!

 

 

 

すごく面白い漫画で、1話50円はお得過ぎると思いました!!

 

 

 

漫画名 暗い家
作者 鬼頭えん
配信 ブックライブコミック
価格 1話50円
あらすじ

「あんた誰…うちに何か用?」

 

 

バレンタインデーの放課後、高崎かなこは告白をするため憧れの『佐伯先輩』の自宅を訪ねた。

 

 

しかしそこには古く薄汚れた家屋があり、出迎えたのは『佐伯』と名乗る先輩とは別の中年男。

 

 

住所違いだとわかってその場を去ろうとするも、ゴミだらけの家屋に引きずり込まれ無残にも初めてを奪われてしまうかなこ。

 

 

下着からのぞく柔肉を貫かれ、激しくナカを擦られる衝撃に朦朧とする少女の目の前に…!

 

 

暗い家はブックライブコミックで無料試し読みできます。
まずは無料で読んでみてください。

 

無料試し読みはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!!


【コミなび純稿】『暗い家』ver1

 

 

『暗い家』1話のネタバレ

 

 

高崎かなこは、夢見がちな美少女でした……

 

 

 

大好きな、密かな想いを寄せる佐伯タカフミ先輩に恋い焦がれ、彼に夢中な彼女。

 

 

 

最近では想いが拗れてしまい、学校の授業も身が入ってはいませんでした。

 

 

 

そんな気持ちを患ってしまったせいか、授業中の居眠りで卑猥な夢を見てしまいます。

 

 

 

それは……大好きなタカフミ先輩とエッチな事をする夢でした。

 

 

 

濃厚なキスを交わし、恋人の様に想いを遂げ、愛し合う二人。

 

 

 

そんな夢を見てしまう程に、先輩に対する想いは日に日に増していました。

 

 

 

そして、その想いを告げようと、彼女は決意します。

 

 

 

今日は聖バレンタインデー。

 

 

 

女性が意中の男性に想いを伝える事の出来る、恋愛の一大イベント。

 

 

 

かなこは自分の想いを告げようと、タカフミ先輩にチョコを手渡そうとします。

 

 

 

でも学校では気恥ずかしく、渡せずじまいだった彼女。

 

 

 

仕方なく、かなこはタカフミ先輩の自宅に向かう事を決めます。

 

 

 

大好きな先輩の家にお邪魔する事に、胸の高鳴りが抑えられません。

 

 

 

でも入り組んだ住宅街に住んでいるせいか、タカフミ先輩の家が解らない彼女。

 

 

 

住所通りの番地を探していくと、やがてそれらしき場所へと辿り着きます。

 

 

 

でも……そこは、とても寂びれた一軒のボロ屋でした。

 

 

 

ここがタカフミ先輩の自宅なのかと、戸惑いを隠せない彼女。

 

 

 

そんな中で、かなこに声をかけてくる、中年の野太い声が響いてきます。

 

 

 

でもそれが、逃れられない強姦地獄の誘いとは気づいてはいませんでした……

 

 

『暗い家』2話のネタバレ

大好きなタカフミ先輩に想いを寄せていた、初恋に夢見がちな、かなこちゃん。

 

 

 

彼に想いを伝えようと、聖バレンタインデーにチョコを上げようとしていました。

 

 

 

でも学校で上手く渡す事が出来ず、仕方なく彼の自宅へと向かいます。

 

 

 

入り組んだ住宅街を進み、彼の自宅の住所を頼りに進んでいくと、一軒の家を見つけます。

 

 

 

でもその家は、とても彼の自宅とは思えない、ひどいボロ屋でした。

 

 

 

これが先輩の家と茫然としている中、一人の中年が声を掛けてきます。

 

 

 

タカフミ先輩の御家族かと、自己紹介をするかなこ。

 

 

 

でも相手はタカフミ先輩の御家族ではありませんでした。

 

 

 

よく似た住所と苗字の為に、間違いで訪問する人が多いと、うんざり気味に呟く中年男。

 

 

 

かなこは安心したように中年男に謝り、ここがタカフミ先輩の家ではないと安堵します。

 

 

 

しかし、次の瞬間、かなこは中年男に殴られてしまいます。

 

 

 

意識が飛んでしまう程の衝撃に気を失い、そのまま中年男の自宅へと連れ込まれます。

 

 

 

ゴミが散乱した汚部屋に寝かせられてしまうかなこ。

 

 

 

中年男は生唾を飲み込みながら、嬉しそうに微笑んでいました。

 

 

 

いつもなら中年のおばさんのセールスか、配達の女性などでした。

 

 

 

でも今日は若くて可愛い美少女が訪れたと、男の下卑た笑みはひどく歪みます。

 

 

 

気を失った彼女の身体を弄りながら、スカートに手を伸ばしていきます。

 

 

 

中年男は柄パンかと、かなこの下着を見て苛立ちます。

 

 

 

白のパンツじゃないのかと、彼女のパンツをずらし膣を覗く中年男。

 

 

 

そしてそのまま意識を失ったかなこの膣を舐めましていきます……

 

 

 

『暗い家』3話のネタバレ

大好きなタカフミ先輩にバレンタインチョコを渡そうとしていたかなこちゃん。

 

 

 

学校で渡せずに、仕方なくに彼の自宅へと向かっている中で、一軒のボロ屋へと訪れます。

 

 

 

でもその家はタカフミ先輩の家ではなく、苗字が同じだけの別の自宅でした。

 

 

 

しかしその家の住人は、訪れたかなこを殴打し、気を失った彼女を自宅へと連れ込みます。

 

 

 

そして気を失ったかなこの身体を弄り始めていきました……

 

 

 

中年男が好きな純白のパンツではないと、苛立つも、彼女の膣を舐め回していく中年男。

 

 

 

ぴちゃぴちゃと臭い唾液に塗れた舌で、かなこの膣を夢中にベロベロと舐め回します。

 

 

 

柄パンを履いていた彼女をビッチと蔑みながら、膣の味を堪能する中年男。

 

 

 

閉じた膣口を舌で抉じ開け、産毛が生えたかなこの膣は、中年の唾液に塗れます。

 

 

 

気を失っていたかなこも、そんな膣攻めに刺激を感じ、声を漏らしてしまいます。

 

 

 

そして意識が覚醒すると、そこには自分の股間に顔を埋め、膣を舐める中年男の姿。

 

 

 

うすぼやけた意識が覚醒しようとした最中、中年男の指が膣内へと入り込みます。

 

 

 

その感触に跳び起き、混乱しながら彼女は抵抗をします。

 

 

 

膣をいじくり回す中年男の指を止めようとするも、無理矢理に捻じ込まれてしまいます。

 

 

 

グリグリと指が捻じ込まれ、閉じていた膣を解されていく彼女。

 

 

 

目覚めたかなこの反応に喜びながら、また彼女の膣を舐め回していきます。

 

 

 

口を抑え込まれ、声を出す事もままならず、中年男に膣を舐められるかなこ。

 

 

 

このままではと、身の危険を感じ、彼の手を噛みつき、一瞬の隙を突いて逃げ出します。

 

 

 

扉に辿り着くも、立て付けが悪いのか、扉は開いてはくれません。

 

 

 

追い詰められた彼女は、無事に逃げ出す事ができるのでしょうか?

 

 

暗い家はブックライブコミックで無料試し読みできます。
まずは無料で読んでみてください。

 

無料試し読みはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!!


【コミなび純稿】『暗い家』ver1