恋は異なもの美味なもの 無料 ネタバレ 3話

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
恋は異なもの美味なもの

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

恋は異なもの美味なもの3話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

恋は異なもの美味なもの

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

ピンクの契約書♂にサインします! 2話 ネタバレ【朝帰りのももか、課長にお仕置きされちゃいます!】

2017.06.15

 

 

恋は異なもの美味なもの3話を読んだネタバレ

 

恋は異なもの美味なもの

 

恋は異なもの美味なもの、の第三話です。

 

 

 

目を覚ました平良に「目が覚めましたか?」と言う和菓子屋の女性です。

 

 

 

平良は寝ぼけています(T_T)

 

 

 

ハッと我に帰った平良は「あなたは和菓子の…」と言います。

 

 

 

女性は「あなたはこのマンションの廊下で寝ていて声をかけたら私の部屋に入ってきてまた寝入ってしまって」と説明してくれます。

 

 

 

そして女性はあらたまって正座をし「はじめまして、お隣に住んでいる佐藤言と言います。」と自己紹介してくれました。

 

 

 

平良は言がカツオの不倫相手だと考えます。

 

 

 

そして「すみません。お詫びはまた改めて」と言って帰る平良です。

 

 

 

そんな平良を言が呼び止めます。

 

 

 

そして「もしよかったら出来上がってしまったし食べた感想を聞かせて頂けませんか?」と言が言います(;-;)

 

 

 

言は「鍋焼きうどんです。大根おろしとかいわれの薬味を添えてみました」と言います。

 

 

 

見るからにとても美味しそうな料理です(*´∀`)

 

 

 

平良は食べることにしました。

 

 

 

平良の横で料理の説明をする言です。

 

 

 

「ごちそうさんでした」と言う平良に感想をきく言は必死です。

 

 

 

平良は「うまかったです。基本口に合えばなんでもいいんで」と言います(*_*)

 

 

 

すると言は倒れこみ「あなたは前々から食をおろそかにしすぎです」と言います。

 

 

 

「前々から?」と言う平良に「あなたはお隣に越してきて三回うちの店をご利用でしたが見るたびに買い物袋はレトルトばかり」と言う言。

 

 

 

ここまでが第三話の内容でした。

 

 

 

言の女性らしいしぐさ、料理憧れます。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
恋は異なもの美味なもの

 

 

 

『恋は異なもの美味なもの』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
恋は異なもの美味なもの

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

今から襲うんで、今日の仕事は終わりです。 8話 ネタバレ【告白までかっこいい佐々木くんが反則過ぎて悶絶!】

2017.05.29