小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる? 無料 ネタバレ 3話

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?3話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?の無料立ち読みはこちら!

「小悪魔」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる? 無料 ネタバレ 2話

2017.11.09

 

 

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?3話を読んだネタバレ

 

 

 

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?の君三話です。

 

 

 

直也はユキが咥える所を見つめています。

 

 

 

すると直也は「すまない、次は俺にやらせてほしい」と言います(;-;)

 

 

 

「だめだよ、お兄さんは寝てて?」と笑顔でいうユキです。

 

 

 

「どうして?」という直也です。

 

 

 

するとユキは「初めてだから少し怖くて…俺のペースでやらせて?」と言います。

 

 

 

そう言いながらユキは直也のアソコを自分のお尻に擦り始めます。

 

 

 

直也は「すまない。気がつかなくて」と言います。

 

 

 

そして直也のアソコがユキのお尻に入ってきます。

 

 

 

ユキは「あっ!」と声を出してしまいました。

 

 

 

直也は「大丈夫か?」と言います(”;)

 

 

 

「痛いのか?だったら一度抜いて…」という直也です。

 

 

 

ユキは「平気だから…」と感じながら答えます。

 

 

 

そして「続きしよう?」というユキです(^-^)

 

 

 

直也は「すまん我慢出来ない」と言って腰を動かし始めます。

 

 

 

ユキはビクビクなりながら感じてしまいます。

 

 

 

そしてエッチが終わった後直也は「ごめん、自制が聞かなくて」と言います(;-;)

 

 

 

ユキは涙を流し「いつもはちゃんといかせられるのに」と言います(T-T)

 

 

 

直也は「いつもって初めてじゃなかったのか?」と言います。

 

 

 

そのまま直也はユキを押し倒し攻め始めます。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?の無料立ち読みはこちら!

「小悪魔」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

『小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし、

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?の無料立ち読みはこちら!

「小悪魔」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる? 無料 ネタバレ 4話

2017.11.09