小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる? 無料 ネタバレ 2話

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?2話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?の無料立ち読みはこちら!

「小悪魔」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる? 無料 ネタバレ 1話

2017.11.09

 

 

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?2話を読んだネタバレ

 

 

 

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?の第二話です。

 

 

 

「あれ?お連れの方寝ちゃったの?」と直也に声をかけるユキです。

 

 

 

「すまない。起きたらすぐ出ていく」と答える直也です(T_T)

 

 

 

「オレお店の人じゃないから平気だよ」と笑顔で答えるユキです。

 

 

 

そしてユキは「もしかしてお兄さんこういうところ始めて?」と聞きます。

 

 

 

「あ、あぁ」と言う直也に「オレも実は初めてなんだ。よかったらその人が寝てる間一緒に飲まない?」と言うユキ。

 

 

 

直也は戸惑います。

 

 

 

そんな様子を見たユキは「あっごめん図々しかったよね?」と言います。

 

 

 

直也は「すまん、ビックリしただけだ。君みたいな綺麗な人もいるんだな」と言います。

 

 

 

ユキは直也の手を握り「実は俺まだ自分がゲイなのか分からなくて」と言います。

 

 

 

「女の子に本気になれないからもしかしたらって」と直也に言います。

 

 

 

「おかしいかな?」と言うユキ。

 

 

 

直也は「おかしくなんかない。君は綺麗だからすぐ愛し合える相手が見つかるよ」と言います(°▽°)

 

 

 

ユキは「ありがとう」と笑顔で言います。

 

 

 

そして表情を変えたユキは「初めてがお兄さんいたいな優しい人だったらよかったな」と言います。

 

 

 

そしてお店にいたおじさんを指差し「さっきあそこのおじさんに声かけられて…怖がってちゃ駄目だよね。」というユキ(*_*)

 

 

 

すると直也はユキの手を掴み「待ってくれ。その相手俺にさせてくれないか?」と言います。

 

 

 

二人はホテルへ向かいます。

 

 

 

ホテルでユキは直也のアソコを咥えます(^-^)

 

 

 

ここで第二話が終わりました。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?の無料立ち読みはこちら!

「小悪魔」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

『小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし、

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる?の無料立ち読みはこちら!

「小悪魔」で検索するとすぐに出てきます!!

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

小悪魔ビッチ、ノンケに堕ちる? 無料 ネタバレ 3話

2017.11.09