文学女子に食べられる 無料 ネタバレ 3話

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

文学女子に食べられる3話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

文学女子に食べられる

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

文学女子に食べられる 無料 ネタバレ 2話

2017.11.09

 

 

文学女子に食べられる3話を読んだネタバレ

 

【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO

 

密かに想いを寄せていた彼女から、唐突なカミングアウトを告白された彼。

 

 

 

彼の耳を舐めてみたいと、清楚な彼女の思いがけない性癖を知ってしまいました。

 

 

 

そんな彼女の想いを叶える為に、自分の耳を舐めても良いと言ってしまいました。

 

 

 

そしてそのまま誘われる様に、彼女の自宅へと上がってしまいます。

 

 

 

思い掛けない事が連続し、これが夢なのかと思わず疑ってしまう彼。

 

 

 

でも彼女の部屋の甘い匂いと、彼女と同じベットに座っている感覚はまぎれもない現実。

 

 

 

彼は彼女に何も言えないまま、無言で過ごしていました。

 

 

 

彼女も同じように無言で過ごし、しばらく静寂が二人に訪れていました。

 

 

 

そんな気まずい静寂を崩したのは、彼女からでした。

 

 

 

せんぱい、いいですよねと、訊ねられ、彼は息を呑みながら、確認を取ります。

 

 

 

耳をだよねと、訊ね返すと彼女は、はいと答えます。

 

 

 

そしてそのまま耳を食べちゃってもいいんですねと、最後の確認を問いかけてきます。

 

 

 

耳を食べると、その思い掛けない言葉に、思考を停止してしまいます。

 

 

 

そんな彼の耳へとそっと近づいてくる彼女。そしてそのまま、耳へと近づきます。

 

 

 

息が吹きかかり、唇の熱がジワジワと感じてしまう、彼女の接近。

 

 

 

そして言葉が告げられます。お耳舐めますねと、耳たぶをそっと撫でる彼女の舌。

 

 

 

ぞわぞわとする舌触りで、彼の耳を愛撫し、そのまま奥まで入り込む彼女の舌。

 

 

 

思わず声を漏らしてしまいそうになるも、声を漏らしてはいけないと口を塞がれます。

 

 

 

そして耳元で囁かれる言葉に、彼はさらに硬直してしまいます。

 

 

 

その言葉とは、彼女をオカズにオナニーをしていた事でした……

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO

 

 

 

『文学女子に食べられる』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

文学女子に食べられる 無料 ネタバレ 4話

2017.11.09