文学女子に食べられる 無料 ネタバレ 2話

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

文学女子に食べられる2話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

文学女子に食べられる

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

文学女子に食べられる 無料 ネタバレ 1話

2017.11.09

 

 

文学女子に食べられる2話を読んだネタバレ

 

【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO

 

同じ文芸サークルの彼女と一緒に居酒屋へと訪れた彼。

 

 

 

密かな想いを寄せていた彼女と幸せな時間を過ごし、彼は至福に包まれていました。

 

 

 

お酒に慣れていないのか、頬を赤らめて可愛い表情を見せてくる彼女。

 

 

 

何時もとは違う雰囲気の彼女に見惚れながら、彼女への想いをさらに募らせていました。

 

 

 

そんな二人だけの時間を過ごしている中で、彼は唐突に彼女に話しかけられてしまいます。

 

 

 

彼女が彼に話しかけた言葉とは、彼女の唐突に、あまりにも唐突なカミングアウトでした。

 

 

 

それは……彼の耳がとてもかわいいと、そのお耳を舐めてみたいと言う彼女。

 

 

 

その想いもしなかった言葉に、彼は思わず硬直してしまいます……

 

 

 

彼女はそんなカミングアウトな会話を続けます。

 

 

 

先輩である彼のお耳が可愛く、舐めてみたいとアブノーマルな趣味を告白する彼女。

 

 

 

彼はそんな彼女の告白に、何故か激しく興奮していました。

 

 

 

自分の耳を舐めたいと、大好きな彼女に言われ、胸を疼かせていた彼。

 

 

 

彼女は恥ずかしく、ごめんなさいと謝りますが、彼は事はないと言います。

 

 

 

彼女にならと、その誘いを了承してしまう彼。そして彼女の家へと誘われます。

 

 

 

彼は思いがけない誘いに、意識を朦朧とさせていました。

 

 

 

彼女の思いがけない性癖の告白と、魅惑的な誘いに引き込まれてしまう彼。

 

 

 

そのまま居酒屋を後にし、彼が辿り着いた先は、彼女の家でした。

 

 

 

初めて入った女子の部屋に、彼の胸はさらに騒めき、興奮を疼かせていました。

 

 

 

甘い彼女の香りが充満し、彼女のベットに腰を下ろす彼。

 

 

 

隣には、彼女が座っていました……

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO

 

 

 

『文学女子に食べられる』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

文学女子に食べられる 無料 ネタバレ 3話

2017.11.09