コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら── 無料 ネタバレ 3話

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──3話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

>>コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──の無料試し読みはこちら<<

「コウカン」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら── 無料 ネタバレ 2話

2017.10.25

 

 

コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──3話を読んだネタバレ

 

 

 

葵に自分の想いを告げ、身体を重ね、恋人となった公太……

 

 

 

デートに買い物に、キスとセックスを重ね、身も心も恋人となった二人。

 

 

 

でも公太の心のどこかには、引っかかるものがありました。

 

 

 

あの時、葵ではなく、もし沙織だったら、今頃どんな風になっていたのだろうか?

 

 

 

と、そんな事をふと考えてしまいます。

 

 

 

そんな事を考えて、自分の部屋のドアを開けた瞬間……そこには公太がいました。

 

 

 

自分の部屋に自分がいる事に、なんの問題もありませんが、もう一人の公太がいたのです。

 

 

 

しかもそこには、裸の目隠しをされた沙織がいたのです!

 

 

 

混乱し、一先ず落ち着こうと、彼は扉を閉めてしまいます。

 

 

 

間違えて隣の部屋を開けてしまい、自分にそっくりな人を見ただけかと、考えます。

 

 

 

しかし表札は「安本」と記され、そこは紛れもなく、自分の家でした。

 

 

 

恐る恐る扉をもう一度開けてみると……そこは、いつもの一人暮らしの部屋でした。

 

 

 

それ以来、公太の心の中には、あの部屋の事が頭の中にこびりついていました。

 

 

 

仕事をしていても、うっかりと沙織を見てしまえば、あの時の光景を思い出してしまう彼。

 

 

 

葵とセックスをしていても、沙織とセックスをしていた自分の姿と、頭から離れません。

 

 

 

間違いではなく、紛れも無くにあれは現実の光景でした。

 

 

 

葵と激しく愛し合った後、彼女を玄関で見送り、外へと出て自分の部屋の扉をノブを握る彼。

 

 

 

もしあの時に葵ではなく沙織を選んでいたらと、考えながら開けてみます。

 

 

 

すると、そこには……紛れもない、自分がいたのです。

 

 

 

それは、もしもの世界が重なった瞬間でもありました……

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

>>コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──の無料試し読みはこちら<<

「コウカン」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

『コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし、

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

>>コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら──の無料試し読みはこちらをクリック<<

「コウカン」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

コウカン──あの時…アノ娘♀とイッ♂てたら── 無料 ネタバレ 4話

2017.10.25