もしもモンスターが全員美少女だったら 無料 ネタバレ 4話

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
【コミなび純稿】もしもモンスターが全員美少女だったらver3

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

もしもモンスターが全員美少女だったら4話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

もしもモンスターが全員美少女だったら

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

もしもモンスターが全員美少女だったら 無料 ネタバレ 3話

2017.10.20

 

 

もしもモンスターが全員美少女だったら4話を読んだネタバレ

 

【コミなび純稿】もしもモンスターが全員美少女だったらver3

 

ある日、最弱の勇者は谷に落ちてしまいます。

 

 

 

そこで、目を開けると目の前には、オーガがいました。

 

 

 

勇者が腰に手を当てると、剣がありません。ダメダメ勇者ですね(;´・ω・)

 

 

 

オーガは勇者に罵声を浴びせながら、勇者のペニスを握ります。

 

 

 

そして、オーガは寝ている勇者に覆いかぶさり、勇者の首筋を舐めます。

 

 

 

さらに、オーガは勇者の耳元で囁きます。

 

 

 

「食わないでやるから、一晩私を楽しませろよ」と。

 

 

 

オーガは勇者の顔の上をまたぎますが、勇者のペニスは何の反応もしません。

 

 

 

さらにオーガが尻尾で勇者のペニスをいじりますが、反応がありません。恐怖が勝ってしまってますね(;´∀`)

 

 

 

「やる気を出せ」と勇者はオーガに言われてしまいます。

 

 

 

怖いながらも勇者は、目の前のオーガのアソコを舐め始めます。

 

 

 

すると、ピクンと、オーガも感じて、身体が反応します。

 

 

 

「ちょっとはマシになってきた」と言いながら、オーガはさらに自分でアソコを広げます。

 

 

 

その間も、オーガの尻尾は勇者のペニスをいじっています。

 

 

 

これじゃ、入らないだろうと、オーガはふにゃふにゃの勇者のペニスにイライラします。

 

 

 

オーガがいじっていると、勇者のペニスが多少、硬くなってきたようです。

 

 

 

これならいいだろうと、オーガは勇者のペニスを手ですりすりします。

 

 

 

勇者はまだ無理だと言いますが、オーガは待ちきれない様子です。

 

 

 

怖すぎて、硬くならない勇者のペニスですが、大丈夫でしょうか(;´∀`)

 

 

 

違う意味で、勇者が食べられちゃいそうです。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
【コミなび純稿】もしもモンスターが全員美少女だったらver3

 

 

 

『もしもモンスターが全員美少女だったら』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
【コミなび純稿】もしもモンスターが全員美少女だったらver3

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

もしもモンスターが全員美少女だったら 無料 ネタバレ 5話

2017.10.20