姉の忘れ形見の姪を俺は調教した 無料 ネタバレ 5話

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

「姉の」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

こんにちわ。吾郎です。姉の忘れ形見の姪を俺は調教した5話を読んだネタバレ感想を書いてゆきます。

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した 無料 ネタバレ 4話

2017.10.14

 

 

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した5話を読んだネタバレ

 

 

 

叔父が睡眠薬を使い、姪の椿を夜な夜な犯し続けていた日々が続く中。

 

 

 

彼は罪悪感に苛まれながらも、彼女を犯す事を止める事ができないでいました。

 

 

 

穏やかな寝息を立て、幸せそうに夢見る彼女を汚す背徳感に快感を得ていた彼。

 

 

 

もう優しい叔父ではなく、彼女を性の対象として見る雄となっていました。

 

 

 

でも良心の呵責ゆえに、椿を犯す事をもう止めるべきだと悩んでいました。

 

 

 

しかし、その最後の良心の呵責は、淡くも崩れ去ってしまいます。

 

 

 

それは……椿が他の男と楽しそうに、街中を歩いている姿を目撃してしまったからです。

 

 

 

かつて想いを寄せていた義理の姉が他の男に取られてしまった過去。

 

 

 

それが今の椿と重なり、彼女を失う喪失感の痛みに彼は狂ってしまいます。

 

 

 

それを知らない椿は自宅へと帰宅し、何時もと様子の違う叔父の姿に戦慄を抱きます。

 

 

 

椿を奪われたくない叔父は、彼女の身も心も全て自分だけのモノにしようとしていました。

 

 

 

豹変した叔父に拘束され、自室へと連れ込まれてしまう椿。

 

 

 

ベットへと押し倒され、制服を乱暴に剥ぎ取られ、床へと投げ捨て、彼女を剥いていく叔父。

 

 

 

裸にされ、膣を隠すことの出来ない両脚を開いた体勢に拘束されてしまいます。

 

 

 

そして彼女の意識があるままで、叔父は彼女を犯し始めていきます。

 

 

 

今の叔父の姿が受け入れられず、困惑を隠せないままに、彼に犯されていく彼女。

 

 

 

乳房を触られ、膣に指をねじ込まれてしまうも、快感を堪えきれません。

 

 

 

何でこんなにも感じてしまうのかと、犯される快楽に必死に彼女は抗います。

 

 

 

毎夜事に叔父の与える快楽の虜にされていた事を知らないまま、徐々に染まっていく椿。

 

 

 

もう姪ではなく、叔父の精液の味を忘れられない雌奴隷と化していました……

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

「姉の」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

姉の忘れ形見の姪を俺は調教したは電子書籍サイトで読むことが出来ます

 

 

これで1話60円はかなり安いですね!!

 

 

 

60円でこんなに満足できるんならお買い得です!

 

 

 

無料試し読みもできますので、まずは無料で読んでみてくださいね!!

 

 

 

これは男なら必読の漫画ですよ♪

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

「姉の」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。