姉の忘れ形見の姪を俺は調教した 無料 ネタバレ 4話

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

「姉の」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

こんにちわ。吾郎です。姉の忘れ形見の姪を俺は調教した4話を読んだネタバレ感想を書いてゆきます。

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した 無料 ネタバレ 3話

2017.10.14

 

 

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した4話を読んだネタバレ

 

 

 

睡眠薬で昏倒し、意識を失った椿の処女を奪ってしまった叔父。

 

 

 

椿のふくよかな乳房を味わい、欲情を抑えられぬままに、膣までも犯してしまいました。

 

 

 

かつての義理の姉への想いが弾けてしまい、姪である椿を犯してしまった彼。

 

 

 

徐々に彼の何かが壊れ始めてもいました……

 

 

 

翌朝、何も知らない椿は、何時もの様に挨拶をし、穏やかな朝を迎えます。

 

 

 

でも彼女の身体には異変が生じ、それは彼女自身も直に感じていたのです。

 

 

 

腹痛みたいな鈍い痛みを下腹部に感じながら、何かがおかしいと違和感を抱いていました。

 

 

 

一瞬腹痛かと思いきやトイレに何度も行くも、痛みは引きませんでした。

 

 

 

でも叔父を心配かけまいと、平静を装い、朝食を終えていきます。

 

 

 

登校しようと玄関に向かうも、違和感は続き、歩く事にも変な気分を抱いてしまう椿。

 

 

 

そんな彼女を叔父は心配していました……

 

 

 

義理の姉と瓜二つの容姿を持つ彼女を、散々と嬲り、膣に精液を流し込んだ行為。

 

 

 

もし体調を崩してしまえばと、今日は休んだ方が良いのではと問いかけます。

 

 

 

でも椿は親身になって心配してくれる叔父に迷惑を掛けたくはなく、笑顔を向けます。

 

 

 

大丈夫と、学校へと登校していく彼女を見送り、叔父は罪悪感に苛まれてしまいます。

 

 

 

自分が欲望に身を任せ、彼女を辱めた事に苛まれていました。

 

 

 

でも彼は沸々と沸きだす、椿への欲望を堪える事が出来なくなりつつありました。

 

 

 

その日の夜も、薬を使い、寝入った彼女を犯していた叔父。

 

 

 

巨峰の乳房にチンポを挟み込み、乳白色の肌を白濁の精液で汚していきました。

 

 

 

彼女に対する想いは、もはや家族ではなく、雌を犯す雄の欲望と化していたのです。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

「姉の」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

姉の忘れ形見の姪を俺は調教したは電子書籍サイトで読むことが出来ます

 

 

これで1話60円はかなり安いですね!!

 

 

 

60円でこんなに満足できるんならお買い得です!

 

 

 

無料試し読みもできますので、まずは無料で読んでみてくださいね!!

 

 

 

これは男なら必読の漫画ですよ♪

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

「姉の」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した 無料 ネタバレ 5話

2017.10.14