姉の忘れ形見の姪を俺は調教した 無料 ネタバレ 3話

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

「姉の」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

こんにちわ。吾郎です。姉の忘れ形見の姪を俺は調教した3話を読んだネタバレ感想を書いてゆきます。

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した 無料 ネタバレ 2話

2017.10.14

 

 

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した3話を読んだネタバレ

 

 

 

椿に対して欲望が抑えきれなくなり始めていた叔父……

 

 

 

いつか彼女も姉の様にどこかの男性と恋をし、自分を置いていってしまうかもしれません。

 

 

 

また姉が奪われてしまうと、二度とあの喪失感を味わいたくない彼。

 

 

 

椿を、彼女を、自分だけのものにしたいとする、乱れた欲情が湧き出していました。

 

 

 

理性で堪えているも、時折見る、椿が持つ女性としても魅力に見惚れてしまう自分。

 

 

 

彼は椿を義理の娘ではなく、一人の女性として見ているのだと気づきます。

 

 

 

そしてついに、彼はその欲望を抑えきる事を諦めてしまいます。

 

 

 

彼女を自分のモノにできるならと、彼はある事を画策していきます。

 

 

 

とある晩……叔父は就寝前に椿に紅茶を振る舞いました。

 

 

 

とても美味しいと、紅茶を無警戒に飲み干していく彼女。

 

 

 

でもそれは叔父の淫欲な罠の一部である事を彼は知る由もありませんでした。

 

 

 

紅茶を飲み終えた後、椿はウトウトと瞼を重くし、そのまま寝入ってしまいます。

 

 

 

そう……叔父は紅茶に睡眠薬を盛っていたのです。

 

 

 

深く眠り込み、起きる気配を見せない彼女の可愛らしい寝間着を脱がしていく叔父。

 

 

 

露わになるブラに押さえつけられた乳房に、彼の欲情はさらに高ぶってしまいます。

 

 

 

触りたくとも、理性が抑えていた欲情は解放され、思うがままに動きだす彼。

 

 

 

沸き上がる欲望のままに、叔父は椿の乳房を揉みだしていきます。

 

 

 

弾力のある、これからも大きくなりそうな椿の乳房。

 

 

 

甘い声で喘ぎ、寝息と交りながら独特な色気が増し、さらに欲情が刺激されてしまいます。

 

 

 

そして高鳴る欲情に硬くなるチンポを取り出し、彼はかつての想いを遂げようとします。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

「姉の」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

姉の忘れ形見の姪を俺は調教したは電子書籍サイトで読むことが出来ます

 

 

これで1話60円はかなり安いですね!!

 

 

 

60円でこんなに満足できるんならお買い得です!

 

 

 

無料試し読みもできますので、まずは無料で読んでみてくださいね!!

 

 

 

これは男なら必読の漫画ですよ♪

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

「姉の」で検索するとすぐに見つけることが出来ます。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した 無料 ネタバレ 4話

2017.10.14