終電後カプセルホテルで上司に微熱伝わる夜の2話のネタバレ【そんなやらしい声だして。周りのやつに見られたいのか?】

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

 

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜2話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

 

 

 

 

「同じベッドでなんて眠れません!!」

 

 

 

 

みのりは実は照れ屋な女の子です。「俺の部屋にくるか?」という羽田野さんが言ってくれたのに、顔を赤くして何も言い返せない。

 

 

 

 

コミック終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜は無料立ち読みが出来ます!!会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ!

 

 

 

 


[ComicFesta]【TL】終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。.ver1.2.1

無料立ち読みはバナーをクリック!

 

 

 

 

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜1話を読んだネタバレ

 

 

 

 

「あれ、、、何か意識してる?」

 

 

 

 

こうやって顔をいきなり寄せてくるのは反則だと思う(>_<)

 

 

 

 

ホテル、密室、二人きり。

 

 

 

 

意識してないはずなのに、なんでだろう。どきどきする。

 

 

 

 

みのりは少し天然。羽田野さんに胸チラを見られてしまいます。

 

 

 

 

「どうしよう、、、こんなの、、、恥ずかしすぎるよ、、、」

 

 

 

 

「なあ、自分でどんな表情になってるか、分かる?」

 

 

 

 

「その表情、、すげーイイよ。」

 

 

 

 

「そんなっ、、、」

 

 

 

 

強引な口づけ。そのままみのりを押し倒す、羽田野さん

 

 

 

 

「羽田野さん、酔ってますよね?」

 

 

 

 

「あのくらいで酔うわけねーだろ」

 

 

 

 

「え、、、」

 

 

 

 

「耳、、、舐められるのすきなのか?」

 

 

 

 

「声は出しちゃダメだぞ。周りに聞かれるからな。」

 

 

 

 

そう言うと羽田野はみのりの敏感なところを触り始めるのでした。

 

 

 

 

コミック終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜は無料立ち読みが出来ます!!会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ!

 

 

 

 


[ComicFesta]【TL】終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。.ver1.2.1

無料立ち読みはバナーをクリック!

 

 

 

 

『終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

 

コミック終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜は無料立ち読みが出来ます!!会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ!

 

 

 

 


[ComicFesta]【TL】終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。.ver1.2.1

無料立ち読みはバナーをクリック!

 

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜の3話のネタバレ【羽田野さんの舌の動きに耐えられない!漏れてしまう吐息】

2017.05.20